2015年07月19日

「A Thousand Miles」 Vanessa Carlton

どこかで聞いた事がある・・・でも曲名も歌い手も何も分からない。
それどころか、歌詞もうろ覚えで検索すらできない(泣)。
あるあるですね。
そういう時yahoo!知恵袋を覗いてみると、どんぴしゃでその曲が回答されていてびっくりすることがたまにあります。すごいご時世になりました。

そんなどっかで聞いた事がある洋楽第一弾。
ノエビア化粧品のCMで使われていた曲、2002年リリースの「A Thousand Miles」です。



私もこの方の曲はこの曲しか知りませんでした。
PVからは歌詞の内容が全く分かりません。
そしてかわいらしいメロディー。
ですが、歌詞を読んでみると失恋(片思い?)の曲ということが分かります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「A Thousand Miles」 Vanessa Carlton

Making my way downtown
ダウンタウンに向かうの
(ダウンタウン=繁華街・都心の意味です)

Walking fast. Faces pass
早歩きで 顔(=人)が過ぎてく

And I'm homebound
ほら 私は帰って来たわ

Staring blankly ahead
ぼんやり前を見つめながら

Just making my way
進んで行くのよ

Making a way through the crowd
人ごみの中を 進んで行くの

And I need you
あなたが必要よ

And I miss you
あなたがいないと寂しくて

And now I wonder....
今考えてることがあるの…
(I wonder = 「どうなのかな、と思う」くらいの意味です。「疑問/不思議に思う」とも訳せなくはないですが、もう少しぼんやり軽いかんじのイメージです)

If I could fall into the sky
もし空の中に落ちることができたら

Do you think time would pass me by
時間は私の横を素通りしてくれるかしら

'Cause you know I'd walk a thousand miles
だってね 私は1000マイルだって歩くから

If I could just see you tonight
もし今晩 ただあなたに会えるなら

It's always times like these when I think of you
いつもこんな時に あなたのことを考えるわ

And I wonder if you ever think of me
あなたが私の事を思うことってあるのかしら

'Cause everything's so wrong
だって全部が間違いで

And I don't belong living in your precious memory
あなたの大事な記憶に 私の居場所は無いんだもの
(precious = 大切な、貴重な。少し皮肉めいてますね)

'Cause I need you
And I miss you
And now I wonder....

If I could fall into the sky
Do you think time would pass me by
'Cause you know I'd walk a thousand miles
If I could just see you tonight

And I, I
Don't want to let you know
あなたに知られたくないの

I, I
Drown in your memory
あなたの記憶の中に沈む私

I, I
Don't want to let this go
離したくないわ

I, I
Don't....

Making my way downtown
Walking fast
Faces pass
And I'm home bound

Staring blankly ahead
Just making my way
Making a way
Through the crowd

And I still need you
And I still miss you
And now I wonder....

If I could fall
Into the sky
Do you think time
Would pass us by
'Cause you know I'd walk
A thousand miles
If I could
Just see you...

If I could fall
Into the sky
Do you think time
Would pass me by
'Cause you know I'd walk
A thousand miles
If I could
Just see you
If I could
Just hold you
Tonight

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
posted by よーがく at 22:36 | Comment(0) | Vanessa Carlton | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

「Under the Sea」リトル・マーメイドより

ディズニー映画「リトル・マーメイド」より。
「陸に行きたいの!」と訴えるアリエルに対して、セバスチャンが海の良さを歌って説得しようとする場面ですね。
いろんな海の生き物が出て来て、かなり楽しい。



歌詞はというと、かなり口語調で分かりにくいところが多いかもしれません。
とくに、省略が多いですね。
例えば「lookin'」は「looking」の省略ですし
「'n'」は「and」の省略です。
文法的にも雑なところが多いです。
あとは馴染みの無い単語の連発、そして調べてみると全部魚の名前かーいという英語勉強には全く向いていない曲です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「Under the Sea」Little Mermaid

The seaweed is always greener
わかめはいつも青いさ

In somebody else's lake
ほかのやつの湖のはね
(『隣の芝は青い』の海バージョンですね)

You dream about going up there
あの上に行くことをあなたは夢みるけれど

But that is a big mistake
それは大きな間違いさ

Just look at the world around you
あなたの周りの世界を見てごらんよ

Right here on the ocean floor
この海の床の上にはさ

Such wonderful things surround you
こんなに素敵なものがあなたを囲んでいるってのに

What more is you lookin' for?
それ以上何を探しているんだい?
(lookin' = looking の省略です。口語なので)

Under the sea
Under the sea
海の中

Darling it's better
こっちのほうが良いさ

Down where it's wetter
より濡れている下のほうが

Take it from me
保証するよ
(take it from me で『(私が言うくらいだから)信じていい』の意味の言い回しになります)

Up on the shore they work all day
上の方の岸では 一日中働いてるんだ
 
Out in the sun they slave away
太陽の中 奴隷のように働いて

While we devotion'
Full time to floatin'
僕らがぷかぷら浮かぶのに
全ての時間をささげている間にさ

Under the sea
海の中でね

Down here all the fish is happy
ここら下のほうでは 魚みんなが幸せさ

As off through the waves they roll
波の間をくぐるとき ころころ転がってさ 

The fish on the land ain't happy
陸の魚は幸せじゃない

They sad 'cause they in their bowl
悲しいさ 彼らは金魚鉢の中

But fish in the bowl is lucky
でも金魚鉢の中の魚はまだ幸運だ

They in for a worser fate
もっと悪い運命もある

One day when the boss get hungry
ある日旦那が腹を空かせたとき

Guess who's gon' be on the plate?
だれが皿の上に乗ることになると思う?
(gon' be = gonna be = going to be と省略されています。口語調)

Under the sea
Under the sea
海の中
海の中では

Nobody beat us
誰も僕らを叩かない

Fry us and eat us
In fricassee
僕らをフリカッセンに
揚げて食べたりさ
(フリカッセン=軽めの衣のフライみたいなものです)

We what the land folks loves to cook
陸の連中は僕らを調理するのが大好きさ

Under the sea we off the hook
海の中では 僕らは釣り針から降りるぜ

We got no troubles
トラブルなんてなくて

Life is the bubbles
人生は泡さ

Under the sea (Under the sea)
Under the sea (Under the sea)

Since life is sweet here
ここでの人生は最高だから

We got the beat here
ここで僕らは勝ち組だね
(get the beat on = 勝ち抜く、優位に立つの意味)

Naturally (Naturally)
生まれながらの

Even the sturgeon an' the ray
チョウザメでさえ エイでさえね
(an' = and の省略かと)

They get the urge 'n' start to play
やる気になって 演奏を始めるさ
('n' = andの省略)
(get the urge で『〜したくなる』の意味の言い回しになります)
(何をplayするのか?場面から演奏かと推測)

We got the spirit
僕らは元気いっぱいさ

You got to hear it
耳を貸しなって
(君は聞くべきだ)

Under the sea
海の中では

The newt play the flute
イモリはフルートを吹いて

The carp play the harp
コイはハープを

The plaice play the bass
ツノガレイはベースを

And they soundin' sharp
ほら粋な音を出してるじゃないか

The bass play the brass
ベースは金管楽器を演奏して

The chub play the tub
チャブはタライで演奏さ

The fluke is the duke of soul
ヒラメはソウルの大公だね

(Yeah)
The ray he can play
エイも演奏できるさ

The lings on the strings
クロジマナガダラは弦に取りかかってる

The trout rockin' out
マスはノリノリじゃないか

The blackfish she sings
マゴンドウクジラは歌を歌い

The smelt and the sprat
キュウリウオとニシンは
They know where it's at
どこにいるか知ってるね

An' oh that blowfish blow
それにほら あのフグ、吹くね!

Yeah, under the sea (Under the sea)
Under the sea (Under the sea)
When the sardine
Begin the beguine
イワシがビギン(西インド諸島の踊り)を始めるとき

It's music to me (It's music to me)
僕にとっては音楽さ

What do they got? A lot of sand
あいつらは何を持ってるって?たくさんの砂さ

We got a hot crustacean band
僕らはカニ・エビのバンドを持ってる
(crustacean = 甲殻類)

Each little clam here
ここにいる蛤はみんな
(直訳:ここの蛤の一匹一匹は)

Know how to jam here
どうやってジャムセッションすればいいか知ってるのさ

Under the sea
Each little slug here
Cuttin' a rug here
ここのナメクジはみんな
ジルバを踊ってるのさ

Under the sea
Each little snail here
Know how to wail here
ここの巻貝はみんな
どうやって泣き叫べばいいか知ってるのさ

That's why it's hotter
ここがアツいのはそういうことさ

Under the water
Ya we in luck here
Down in the muck here
僕らは幸運さ
この底 泥の中でね
Under the sea

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長くなってしまいますが、最後に公式の日本語版歌詞も載せます。
(旧バージョン)

アリエル よく聞いてくれ
人間の世界は最低だよ
海の底の世界こそ どこよりも楽しいんだから

あらしでも 海草の
林は 安心
どこへも 行かないで
海底に いよう
海のれんちゅうは いつでも 陽気
見てご覧 まわりを
みんな集まった
すばらしい
すばらしい
海底で のんきにしていよう
陸じゃ 立ってるだけで
くたびれるけれど
海じゃ うきうき 自由なのさ
すばらしい

海に住んでハッピー
水は ひろびろ
陸に住んで 気の毒
魚だって 水槽
それだって まだラッキー
運が悪けりゃ
突然 空の上
料理されちまう
オー ノー! 海底は
すばらしい
水の泡になって消えたっていい
波の下の青い世界で 暮らそう
すてきな暮らしだ海の底
すばらしい
すばらしい
海の底
生きてるだけだって
いいじゃないか
いいじゃないか

遊ぶチョウザメ
おどるエイ きいてきいて
海の底の音楽 アンダー・ザ・シー

ウミトカゲ フルート スズキはハープ
ヒラメはベース最高
ブラスなりひびき カレイのソール
タラもマスもイワシも総出で
リズムに乗って 音楽だ
フグが ふくらんで ふきまくる

アンダー・ザ・シー
アンダー・ザ・シー
イワシ 並んで ぎっちり ビギン
甲羅と鋏 音たて おれたちゃ海のバンド
貝殻たちも鳴れ アンダー・ザ・シー
海牛ひらひらジルバ アンダー・ザ・シー
海底ほど いいところは ほかにない
すばらしい
たのしく 過すのさ
アンダー・ザ・シー

さすが公式ですね。

main.jpg
タグ:ディズニー
posted by よーがく at 12:17 | Comment(5) | ディズニーほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

「Tonight Tonight Tonight」Beat Crusaders

Beat Crusadersです。
全文英語…だと…? となりました。初めて聞いたとき。
英語の発音もあんまり違和感がない。



アニメの主題歌だったので、一時期よく流れていましたね。
直球ロックという感じがして結構好きな曲です。
歌詞は分かりやすくていい感じ。

なぜ全文英語なのか?調べても分からなかったので、誰か詳しい方いたら教えてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「Tonight Tonight Tonight」Beat Crusaders

Woke up with yawn. It's dawning, I'm still alive.
あくびと一緒に目が覚めた 空が白んでた 僕はまだ生きている
(dawning = 夜が明けてきた)

Turned on my radio to start up new day
ラジオをつけて 新しい日を始めよう

As goddanmed DJ's chattered how to survive
どうやって生き残るかを くそったれDJがべしゃる中

Amazing news got over on the air wave
すごいニュースが電波に乗って飛び込んで来たぜ

Tonight, love is rationed
今夜 愛が配給される

Tonight, across the nation
今夜 全米中にね

Tonight, love infects worldwide
今夜 愛が世界中に感染する

Almost another day
もうすぐ新しい1日だ
(直訳:『もうすぐもう一つの日になる』→『新しい一日だ』)

Woke up with yawn. It's dawning, im still alive.
Turned on my radio to start up new day
As goddanmed DJ's chattered how to survive
Amazing news got over on the air wave

Tonight, Love is rationed
Tonight, Across the nation
Tonight, Love infects worldwide
Almost another day...
Almost another day

She's a shooting star, good night, good night
彼女は流れ星さ 良い夜だ 良い夜だ

She's a shooting star, good bye
彼女は流れ星さ さよなら

Tonight, Love is rationed
Tonight, Across the nation
Tonight, Love infects worldwide
Almost another day
See you some other day
じゃあね いつの日かまた
(直訳:またいつの日か会おう)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

posted by よーがく at 17:33 | Comment(0) | 邦楽歌詞の英語部分和訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする