2016年11月23日

「First Love」宇多田ヒカル

普段はあまりテレビは観なくて、ラジオが多いです。
昨晩もラジオを聴いていたら、懐かしい宇多田ヒカルの曲が流れてきました。



さすが米国育ち、英語がきれい。
久しぶりに聞きましたが、いい曲ですねー。
冒頭の「最後のキスはタバコのflavorがした」が最高にカッコイイ。この曲がリリースされたのが1999年ですから、宇多田ヒカルは15-16歳でしょうか。ちょっと背伸びした大人の恋を匂わせるフレーズ、それを出だしにぶち込んでくるそのセンスに痺れます。

英語の歌詞の部分を、今回ピンクの字で訳しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「First Love」宇多田ヒカル

最後のキスはタバコの flavor がした
flavor = 味、風味
(一般的な舌で感じる『味』は ”taste” 。”flavor” はその物特有の、という意味が強い)


ニガくてせつない香り

明日の今頃には
あなたはどこにいるんだろう
誰を思ってるんだろう

You are always gonna be my love
いつまでも、あなたは私の恋人
(gonna = 『〜になる』going to be の略。+always で『〜でい続ける』
 my love = 『私の愛(の対象の人)』)


いつか誰かとまた恋に落ちても

I'll remember to love
私は愛することを覚えているでしょう


You taught me how
あなたが教えてくれたから


You are always gonna be the one
いつまでも、あなたは(私の)その人でい続ける


今はまだ悲しい love song
新しい歌 歌えるまで

立ち止まる時間が動き出そうとしてる
忘れたくないことばかり wou

明日の今頃には 私はきっと泣いている
あなたを思ってるんだろう yeah yeah yeah

You will always be inside my heart
いつまでも、あなたは私の心の中にいる


いつもあなただけの場所があるから

I hope that I have a place in your heart too
あなたの心の中にも、私の場所があるといいな


Now and forever you are still the one
今もこれからもずっと あなたはその人であり続ける(=あなたしかいない)


今はまだ悲しい love song
新しい歌 歌えるまで

You are always gonna be my love
いつか誰かとまた恋に落ちても
I'll remember to love
You taught me how
You are always gonna be the one
まだ悲しい love song

Now and forever・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タグ:女性 失恋
posted by よーがく at 09:36 | Comment(0) | 邦楽歌詞の英語部分和訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: